アリゾナにも犬はいる 

アメリカ アリゾナでの生活紹介

運転免許(1)

アリゾナでは、日本の運転免許があれば、1年間は自動車を運転することが可能です
ただ、実際には、アメリカ人が日本の運転免許証を読めるわけでもなく
実際には、日本の運転免許証を英訳したものを、合わせて持っておく必要があります
たぶん、持っていなくても捕まることはないと思いますけど
でも、レンタカーを借りる場合は、日本の免許証だけでは、貸してくれません
国際免許証を持ってる必要があります


さて、今回、ようやく、アメリカの運転免許を取得するために試験を受けました
流れを説明すると
①インターネットで申請書に必要事項を記載して、免許申請を行う
免許申請に必要なものは、SSN番号とパスポート(2つ以上の証明書が必要)
バーコード付き免許申請書を印刷
②バーコード付き免許申請書をもって最寄りの運転免許センターへ出向く(それぞれの市にひとつづつぐらいある)
③受付に行って、免許を取りたいと告げると
受付の後ろで写真を撮れと言われる
言われるままに、写真をを取ると、受付番号をくれる

④中央の待機所で、待つように言われるので、その場で、番号を呼ばれるまで待機

⑤番号が呼ばれたら、カウンターに行って、ここからが正式な手続きです
カウンターの上には、銀行みたいに呼び出された番号が表示されています
今日は40人街で、約40分かかりました
でも、実際に免許を取る人はこのうち2人だけで、他は、住所変更や車の名義変更など免許以外の人たちでした
KYが日本語で受けられるので、アリゾナもてっきり日本語で受けられると思っていたら
日本語はありませんでした。韓国語や中国語があったので、負けた感じでした
ここで、試験費用を$10支払い、筆記試験受付カウンターへ向かいます

⑥カウンターで申請書類を提出すると、下の写真のような試験会場のPC番号を告げられるので、自分で行って、勝手に試験を始めることになります
辞書の持ち込みは禁止でした
聞いたら、結構、きつい口調でだめって怒られました

試験問題は30問、3択で、80%以上(24問正解)で合格です
試験が終了すれば、その場(PC上に)に合否判定が表示されます
PASSの表示があれば、合格です
やっぱり、事前に勉強しておかなければ受からないです
・ウインカーは何秒前に表示すべきか?
・緊急車両の後ろ、何M以内に近づいたらだめか?
・2回目の飲酒運転で検挙されたら、罰金はいくらか?
・登りの坂道で停車するときに、ハンドルの方向は?
・住所変更は何日以内に実施する必要があるか?
などなどです

次は、路上試験です
路上試験は予約が必要で、続けて受けることができませんでした
試験のチェックインとか下記のキヨスクでできるはずなのですが
出来ませんでした
カウンターに行って、受付する方がよっぽど早く済みました


続きは次回


アリゾナでのアイススケート

アイススケートのグランプリシリーズも始まって、いよいよフィギュアのシーズンが始まりました。ここアリゾナのこんな田舎にも、オールシーズンのアイススケート場があります。名前もAZ ICEです
この間、紹介したDOG runの隣にありました

フェニックスコヨーテズというプロチームもあり、それにも少し関係があるかもしれません。下のようなコヨーテがあちこちにありました

入場料は、大人9.5ドル+貸し靴3.5ドル
子供8.5ドル+貸し靴3.5ドル
安いです。この暑さのなか氷の管理は大変だと思います
でも、うちの会社も、これでもかと言うぐらい冷房が効いているので
それから考えると大したことはないのかも・・・

リンクは、右と左に2つ、以下の写真の大きさのものがあります
片側は一般向けで、もう片側はチームなどの練習用みたいです

中は、やっぱりめっちゃ寒いです
入場料を払わないで、中に入っても、誰も何にも言われませんでした
ま、スケートをするような格好ではなかったですけどね

おまけ
なぜか、スケート場の前に
ごみ箱が30個ぐらい、綺麗に整列して並べてありました
なんの意味があるのかな?
不思議です

のんびり(日曜の午後)

今日の午後は27-28度ぐらいでした

今週はちょっとのんびりと家(コンド)付属のプールでゆったりと・・
実は、初めて入ったのですが・・・意外といいです

プールとジャグジーがあります。プールはさすがに冷たいですが、しばらくすると

中国人らしい人が来て泳いでいました。寒そうでしたが
ですので、ジャグジーに入りました

屋外にあるにもかかわらず、水はめちゃ綺麗で、ごみもほとんど浮いていません
結構、ちゃんと管理されているようです
↓ スイッチを入れる前

↓ スイッチを入れた後

温度も丁度いい感じでした。
体温ぐらいかな・・
良い!!!