アリゾナにも犬はいる 

アメリカ アリゾナでの生活紹介

Flagstuffの穴場

フェニックスから2時間半ぐらいのところにFLAGSTUFFと言う街があります
そこに、洞窟探検の穴場があります
LAVA RIVER CAVEという地下の洞窟です

洞窟は全長3/4マイル(約1.25KM)で往復で1時間以上かかります
気温は夏場でも0度~5度ぐらいで、夏場にはもってこいの穴場です

入り口は、こんな感じで、車を止めて森の中を10分ぐらい歩いていくと
突然、現れます。本当に10m四方ぐらいのくぼ地の奥にその下の写真のような
2×5mぐらいの入り口があるだけです
入り口は結構、急なので、出てくる人がいれば、しばらく待たないと入れません

中に入るとこんな感じです
全く、何にも整備されていないので、懐中電灯が必須です。入り口付近には
子供連れなどでたくさん人がいますが、奥へ行くに従い、人が減り、真っ暗の暗闇になって行きます。懐中電灯を消すと全く何も見えない世界になります

意外と崩れやすいような感じの岩盤で、そこら中に崩落した岩が落ちています
でも、閉鎖されていないということは、ずいぶん前に崩落したと言うことなんでしょうね

だんだん人が減っていきます

場所によっては、こんな感じで、這い蹲らないと進めないところがあります
高さ1mは無いです

ここが、一番奥の行き止まりの部分です
足場も悪く、暗いため、結構時間がかかりました

最後の出口です
次々と入ってくる人がいますので、結構混雑しますが
300mも進むと、人もかなり減り、静寂と暗闇の世界が待っています

ここを訪れるためには
①頭に付けられるヘッドライト(しかも結構明るいのが必要です)
②長袖、長ズボン(もちろん、米人は半そで、半ズボンですが寒いと思います)
③トレッキングシューズあるいは運動靴


が必須です
このDEFIANTと言うメーカーのライトはとっても明るくて、優れものでした
お勧めします

犬も入っていました
少しですけど・・・・

無料でこれだけのアドベンチャーを楽しめますので
めちゃお勧めです
車が無いと行けませんが・・・

アリゾナと緑と水

ここはアリゾナかと思うかと思いますが、うちの近所です。フェニックスの高級住宅街は
Scottsdaleという街(金持が住んでいる)ですが、郊外の町でも意外といい所はたくさんあります。特に湖(運河)の周りの家や、ゴルフ場の周りの家は、相場より少し高いです
魚釣りとボート遊びは可ですが、遊泳は禁止されています。何より、どうも、水に何か混ぜているのかのような綺麗な青い水です

運河や芝生への水まきのためのポンプ上です
いたるところに設置されています

ところどころの公園兼洪水対策の保水地があります
モンスーンにより大雨が降ったら、このような場所が水を保水して、街の洪水を防ぎます
と言っていますが、モンスーンが来るとあちこちで洪水が発生します

いずれにしても緑と水はとても多いです

ちなみに、高圧電線は日本のようなコンクリート製でなく、鉄製です
なぜかは知りません

でも、電柱はなく、電線はすべて地中への埋設になります
従い、道路脇には電柱はなく、街頭のみです。
街中の見た目はとてもすっきりしています

camel back その3

これまで、ずーっと西側から登ってましたが、朝6:00ですでにいっぱいで、駐車場に入れませんでした。仕方なく東側の上り口を探しましたが、こちらは、駐車場が無く、路肩駐車で止めるみたいです。少し離れたところにとめる必要がありますが、まあまあ止められてラッキーでした。登りも、東側の方が楽な感じです(距離が長い)

朝の6時30分から登り始めて、約50分で頂上です
一時期から比べて気温も下がっており、かなり涼しく感じます(それでも、日中は40度まで上がりますし、今は50%を超えていますので、体感は暑いです)
頂上の影がちょうど三角形です
ちなみに、Camel Backって遠くから見るとラクダに見えるからです。フェニックスのスカイハーバーから見ると、確かにラクダに見えます

頂上付近

もう、秋ですか? 頂上に赤トンボがいました。アメリカにいるんですね

アリゾナは砂漠と言われていますが、こうやって見ると、いや、街中を走っていてもそうですが、かなり緑が多く、砂漠とは思えません
人柱サボテンが立っている以外は、砂漠が感じられません。郊外に行くと、確かに砂漠(土、岩、砂)という感じですけどね

アメリカのホームセンタです。LOWSといいます
懐かしくて、つい入ってみました

定番の芝刈り機。アリゾナで何で芝刈り機と思うかも知れませんが、上の写真のようにすこぶる緑は多いです
もちろん、芝生も! (水をやらないと枯れてしまいますが)

中はこんな感じです
日本でも、最近、大きなホームセンターが多いですが
アメリカのサイズは、その比ではありません

電気とファン。電気は暗いです。

BBQセット。一家に一台必須です
うちにも、電気のBBQコンロがあります。使えるのか、どうか分かりませんが

ドアから屋根から、すべてのものが揃います。結構、自分で家を立てる人が多いので
こういった店が、いくつもあるんですね